スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日 復興支援えんがわ市

2012年3月11日。
震災からちょうど1年の節目となるこの日。私たちは豊島区池袋第2公園で行われている「えんがわ市」に出店しました。

今日の東京は晴天。いつものえんがわ市よりも多くの来場がありました。
004_20120312090338.jpg

NPO法人ささえ手さんは、三陸の和ぐるみを使ったケーキを作ってきてくださいました。
002_20120312090338.jpg

今日のメインは復興ぞうきんやクルミの販売なのですが、震災から1年に合わせて様々な企画が行われました。
007_20120312090338.jpg

日立システムズさんと連携した、被災地に向けたインタビュー動画の撮影。
008_20120312090338.jpg

こちらも日立システムズさんによるワンセグ動画配信です。宮古市の菱屋酒造さんの再建ストーリー。菱屋酒造さんは父の実家のすぐそばの酒蔵です。

009_20120312090338.jpg

さらに、劇団ムジカフォンテさんによる青空公演! 劇団ムジカフォンテさんは来週「オズの魔法使い」の公演があるのですが、そこではSAVE IWATE東京支部のパンフレットを来場者全員に配っていただけるそうです。本当にありがとうございます。
劇団ムジカフォンテ ホームページ

016_20120312090338.jpg

午後になると、復興たんざくも沢山集まってきました。
019_20120312090420.jpg

間もなく東日本大震災の発災時刻。
2時30分からは、南三陸町でボランティアを行う、伊豆市公認サークル「Size」とスカイプをつなぎます。

Sizeは3月11日に合わせ、250人規模のボランティアツアーを企画しました。学生が中心となり、伊豆市と連携をしながら何度もボランティアツアーを企画してきました。

028_20120312090420.jpg

Sizeの大塚君からのメッセージに、真剣に耳を傾けるみなさん。この後会場からは拍手が沸き起こり、スカイプを通して南三陸町に届けられました。

029_20120312090420.jpg

そして、2時46分には全員で黙とうをささげます。
みなさんで手をつないで公園を一周。そして1分間の黙とうを捧げます。
今回はNPO法人遠野まごごろネットさんの企画「つながれ地球プロジェクト」に私たちも参加しました。
つながれ地球プロジェクト
040.jpg

そして、メインの販売の方も、復興ぞうきん68枚、むきグルミ15個が完売!えんがわ市にはこれで4回目の参加ですが、過去最高の売り上げを達成しました!本当にありがとうございました。
045.jpg

それから、実はこのえんがわ市の裏でもう1つ販売会が開かれていました。
中野サンプラザ前広場で行われていた「岩手県×中野 3.11メモリアルセレモニー 再起への絆」に出店しました。僕は最初しか行けなかったのですが、オープニングセレモニーに来ていた「そばっち」と記念撮影。

008_20120312090547.jpg

外テントでの販売になったので、雨だった10日は本当に寒かった・・・。
それでも2日間でむきグルミ100、殻付きクルミ40を売り上げました!本当にありがとうございました!

015_20120312090546.jpg

私にとっても、SAVE IWATE東京支部にとっても、この2日間は本当に特別な2日間でした。
たくさんのボランティアの方が、「自分も関わりたい」と参加を申し出てくれました。特にも自分の高校の同級生が10人以上も一緒に活動してくれました。

1分間の黙とうは、とても長く感じられました。
この1年間、何が出来たのか。
そしてこの1年間、何が出来なかったのか。
そんなことを考えながら、1分間の黙とうを捧げました。

 ちょうど1年前、3月25日に地元紙、岩手日報の投書に寄稿した文章が残っていました。第二の故郷・宮古を思い、385字で寄稿した文章です。「生涯を岩手の復興に捧げる」という決意が、この1年間の原動力でした。この情熱を失わず、一歩ずつ進んでいこうと思います。


 私は都内の大学に通う大学生です。被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。私は盛岡市出身ですが、両親の実家は宮古市。幼い時から親しんだ街が、大変な被害を受けました。
 二十歳でこの災害に直面した意味を、ずっと考えています。私たち若い世代は、これからの岩手を背負っていく者として、大きな使命を与えられていると思います。先輩方の思いを受け継ぎ、復興へ向け行動していくのは、私たちです。そして、命の大切さ、感謝の心、支え合うことの素晴らしさを、自分たちの子どもたちへ、さらには孫たちへと伝えていくのも、私たちです。
 私はこの災害から様々な事を考え、大学卒業後に岩手に戻ると決心しました。大学で学びを深め、岩手に貢献できる人材となって、生涯を復興のために捧げると決意しています。遠く離れていても復興を願う思いは一緒です。被災地の皆様が一日も早く元の生活に戻れることを祈っております。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一般社団法人SAVE IWATE東京支部

Author:一般社団法人SAVE IWATE東京支部
2011年10月に設立。復興応援グッズの販売会を中心に、東京から復興支援活動を行っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。