スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月26日

2月26日。本日も昨日に引き続き1日中活動しておりました。
午前中は岩手に向けた物資を送る準備です。11月半ばに第1便を出しましたが、これが第6便となりました。
002_20120227091235.jpg

今回も家具や洗濯機など、大物の物資を詰め込みました。
005_20120227091235.jpg

残念ながら全て積むことができなかったのでトラックはパンパン・・・。
午前中は6人で物資を積み込みました。ありがとうございました!
008_20120227091235.jpg

そして午後は「みらい館大明」にて行われた「日本酒から東北食文化を再発見!岩手編」を手伝ってきました。
ずらりと並ぶ「浜娘」
002_20120227091829.jpg

本日の講師は、赤武酒造 代表取締役の古舘秀峰さんです。赤武酒造は、岩手県大槌町にある酒蔵で、津波で全てを流されました。そこから盛岡で酒造りを再開し、昨年中に「浜娘」の出荷にこぎつけました。

008_20120227091829.jpg

 まず話してくださったのは、昨年の3月11日のことでした。震災の時、高台に何とか避難できたこと。津波の後発生した火災がなかなか鎮火せず不安の日々が続いたこと。ラジオから大槌の情報が流れてこなかったので、盛岡まで車を飛ばしてテレビ局に火災のことを伝えに行ったこと・・・。
 その後、盛岡で様々な人に助けられて「浜娘」を出荷することができたこと。そして、「大槌でもう一度酒造りがしたい」と強く願っていること。30人ほど集まった参加者の中には涙を流す方も。

 私もちょうど1週間前に大槌に行ってきたばかりでしたので、古舘さんの話が心に染みわたりました。古舘さんのように故郷のために奮闘される姿を、若い世代の私たちも見習っていかなければと思いました。

 そして、古舘さんのお話が終わると、「浜娘」を味わいます。古舘さん自らお酒をつぎ、参加者の方々と語らいます。私も「浜娘」を飲んだのですが、とにかく飲みやすい。米の風味もしっかり残り、甘すぎず辛すぎず、おいしいお酒でした。
012_20120227091829.jpg

 私もとしまNPO推進協議会代表理事の柳田さんにおつぎします。いつもご支援ありがとうございます。
017_20120227091829.jpg

そしてお酒と一緒に頂くのが、岩手県産の食材を使った料理!
フード・コンサルタント 久保田淳さんがプロデュースしているので旨い!
 005_20120227091829.jpg

釜石・中村屋の海宝漬!
018_20120227091853.jpg

岩手短角牛のローストビーフ!赤身が最高!
023_20120227091853.jpg

他にも三陸産のワカメやひっつみ、ゆべしなどをおいしく頂きました。参加者の方々も大満足のご様子。
会の最後には、SAVE IWATE東京支部の活動を説明します。
029_20120227091853.jpg

そして最後は復興ぞうきんと三陸の和ぐるみの販売。復興ぞうきんはもちろん、大槌町の方が作られたぞうきんを多めに持参しました。今日は復興ぞうきん20枚とむきグルミ10パックが完売!ありがとうございました!
031_20120227091853.jpg

イベントが終わった後は新宿に移動し、トラックで東京まで来てくれた鈴木さん・衛藤さんと懇親会。岩手での活動や東京での活動について情報交換をします。先日SAVE IWATEに来てくれた大学の後輩の清水くんも参加。
036.jpg

と、いうことで長い長い1日が終わりました。古舘さんのお話を聞きながら、岩手には故郷のために尽力されている方が本当に沢山いるのだなあと実感しました。週末は来週も来来週もイベント続きです。イベントの際には、「浜娘」をどんどん紹介していきたいですね~♪

赤武酒造ホームページ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一般社団法人SAVE IWATE東京支部

Author:一般社団法人SAVE IWATE東京支部
2011年10月に設立。復興応援グッズの販売会を中心に、東京から復興支援活動を行っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。