スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月15日 石巻日帰り防災研修

久しぶりの更新となりました。佐々木です。
本日は、SAVE IWATEの活動から少し離れて、9月15日に私が参加した「石巻日帰り防災研修」について書きたいと思います。

「石巻日帰り防災研修」は、山形大学・東北芸術工科大学・青山学院大学の学生有志による復興支援チーム「START」と石巻専修大学の共催で行われました。当日のスケジュールはこんな感じです↓

石巻日帰り防災研修 スケジュール

私はこれまで宮古市田老~気仙沼市を一通り巡りましたが、石巻市や女川町を訪れるのは初めてでした。
また、この防災研修の見学先には、大川小学校や門脇小学校も入っています。大学で教育を学ぶ私としても、興味深い研修になりました。

この研修への参加者は計20名ほど。学生や教員、校長先生等、防災や教育に関心を持つ人たちが集まりました。

朝9時にバスで仙台駅を出発し、まずはじめに訪れたのが、大川小学校です。大川小学校では、全校生徒の7割が死亡または行方不明になりました。
大川小学校に関する詳細は以下のリンク先をご参照ください。
大川小学校について

津波は、2階建ての校舎を全て飲みこみました。
006_20120921145709.jpg

008_20120921145708.jpg

010_20120921145707.jpg

校庭には、私の母校の先輩、宮澤賢治をモチーフにした卒業記念制作がありました。
「世界全体が幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」という賢治の言葉もしっかりと刻まれていました。
013_20120921145707.jpg

印象に残ったのは、校舎のすぐ近くにある堤防です。高さは4~5メートル。私はこの堤防を前にして、「堤防が目隠しになり、川を津波が遡上する様子が見えなかったのではないか?」と思いました。色々な報道で大川小学校のことを知っていたつもりでしたが、現場に行って初めて気づいたことでした。

017_20120921145706.jpg

その後は雄勝地区で、現地の方から被災直後のお話しを伺いました。
「とにかく情報がなくて大変だった。他の避難所の情報も分からない。住民自らが情報を取りに行かなければならなかった。」ということを繰り返し強調されていました。
020_20120921145705.jpg

次は、女川町へ。中心部は更地になっていました。
028_20120921145811.jpg

025_20120921145812.jpg

実は、私がこの写真を撮影した地点も津波に襲われています。この高台には町立病院があるのですが、津波は町立病院の1階天井まで押し寄せました。
021_20120921145813.jpg

下から見れば、その高さは歴然。病院は海抜16メートルの高台に立っているはずなのですが・・・。
津波の威力に、無力感を感じるしかありませんでした。
029_20120921145810.jpg

お昼は女川町で天丼を食べ、笹かまぼこの工場を見学して、石巻へ。
030_20120921145904.jpg

再び石巻市に入り、津波と火災に襲われた門脇小学校に向かいました。ここで地元の方からお話を伺います。この地区は、震災前のハザードマップで50cmの浸水が想定されていたそうです。想定の高さが高くなかったこともあり、津波がここまで来るとは誰も思っていなかった、と地元の方はおっしゃっていました。津波に関する防災訓練も行っていなかったそうです。

門脇小学校は周囲より数メートル高台にあるため、たくさんの住民の方々が避難してきました。校庭にあった100台以上の車は津波に飲まれ、その後炎上。それでも、門脇小学校の児童は裏山に逃げ、無事だったそうです。

035_20120921145903.jpg

高台の日和山から見る石巻市街。更地が広がります。
039_20120921145902.jpg

040_20120921145901.jpg

帰りのバスの中では、参加者の1人1人が1日を振り返り、感想を述べました。

「現場を見ることの大切さを感じた。」
「自分が見たことを持ち帰り、周りの人たちに伝えていきたいと思う。」
「北海道から参加したが、北海道に帰って自分が学んだことを伝える必要があると思う。」

参加者の皆さんは、真剣な表情で、感想を口にしていました。
仙台駅に到着したのは18時30分過ぎ。充実した1日が終わりました。

私はこのツアーに参加して、「適切な避難行動を取る難しさ」を実感しました。

約20メートルの高台にも、津波は押し寄せる。では、どこまで逃げれば安全なのか?
ハザードマップで被害が想定されていない場所にも、津波はやってくる。では、何を信じたらいいのだろうか?
被災した現場を歩きながら、大きな問いを突き付けられたような気がしました。

10月以降は、卒業論文の執筆のため、岩手と東京を往復する日々になりそうです。また色々と現場を回りながら、「防災」を考えていきたいと思います。



スポンサーサイト

5月26日・27日

018_20120526210553.jpg
5月26日。本日は午後から明治大学へ。
地域支縁団体ARCHが主催する連続講義「復興学・支援学」に向かいます。

今日の講師は増田寛也前岩手県知事。
「東北復興論~震災復興と行政の在り方~」と題し、マクロな視点から復興についてお話してくださいました。「自助・共助・公助」が相互に補完し合いながら、「自助」あるいは「共助」を強化していく必要性を繰り返し強調されておりました。「自治体間の水平支援」についても言及し、県や国が市町村を支援する「垂直型支援」ではなく、市町村が市町村を支援する水平支援の必要性をおっしゃっていました。

確かに、豊島区長さんに伺った時も、豊島区は災害時の協定を結んでいる一関市に職員さんを派遣した、とおっしゃっていました。一関市は陸前高田市に職員を派遣していたので、その応援部隊として豊島区の職員の方々が入って下さったそうです。

それから講演の前に増田さんに挨拶に行くと、SAVE IWATEが発行した「三陸復興カレンダー」を絶賛してくださり、「お客さんに見せているんですよ。」と嬉しそうに語って下さいました。最後には私の名前も覚えてくださり、貴重な経験となりました。

活動報告書もお渡ししました。達増知事にはすでに渡しているので、2代にわたり、岩手県知事に渡したことになりました!

で、その足で「FairWind」の会議へ。、
FairWindは私が大学1年生の時に立ちあげたサークルで、地方の高校生と東大生が交流する機会作りを行ってきました。最初は5人で始めた活動も3年目になれば、おお!スゴイ人数になってる!

002_20120526210552.jpg

SAVE IWATE東京支部の運営に関しても、このFairWindを立ち上げ2年間代表を務めた経験があってこそでした。こちらのホームページもぜひぜひチェックしてみてくださいね。
FairWindホームページ

そして27日は高円寺にて行われた「ごたごた1dayフリーマーケット」に参加。
011_20120526210550.jpg

007_20120526210549.jpg

005_20120526210552.jpg

基本的に豊島区を中心に動いてきましたが、こうやって色々な場所で販売会をすると、また新たなつながりが出来ます!明日はとしまNPO推進協議会の総会にて販売を行ってきます~。

TEDxUTokyoへの軌跡~4つのスピーチ~

TEDxUTokyoから2日。
ブログのアクセス数が急上昇しています。

最初は10~15人の所が最近は60人を超える日も。
これは頑張って書かないといけませんね。

今日は、TEDxUTokyoに登壇するにあたり、いくつか参考とさせていただいたスピーチを皆さんにご紹介しようと思います。私のプレゼンより、何倍も何倍も感動するスピーチだと思いますので、ぜひご覧くださいね!

まずは昨年震災の直後、気仙沼市の中学3年生が涙ながらに語った答辞。
「天を恨まず、運命に耐え、助け合っていくことが私たちの使命です」
中学3年生とは思えない言葉の重み。彼の情熱を脳裏に浮かべながら登壇しました。

梶原裕太君 卒業生答辞

それから、震災で家族全員を失った釜石市の小川彩加さんのスピーチ。
シンプルでまっすぐな言葉づかいが心に響きます。私も当日はシンプルなプレゼンを心がけました。

小川彩加さん スピーチ

そして佐賀県武雄市の樋渡市長!
TEDxUTokyoの1週間前に盛岡でご講演を聞く機会がありました。樋渡市長が登壇する前に私も少し登壇させていただいた後でしたので、なおさら感動しました。
60分間観客の心をつかみ続け終始笑いが絶えませんでした。そして聞かせどころはトーンを落とししっかりと伝えてくる。樋渡市長のご講演から、緩急の大切さを学びました。

その時のビデオがなかったので、Youtubeで発見した他の講演を紹介します!

樋渡市長 ご講演

最後は、本家TEDより、ご存知マイケル・サンデルのプレゼン。
観客との対話を心がけるサンデル教授のプレゼンからは、観客を巻き込みながらプレゼンを作り上げていく術を学びました。

TEDtalks マイケル・サンデル「失われた民主的議論の技術」

情熱、シンプルさ、緩急、観客との一体感。それを意識しながら何度も練習を重ね、当日のプレゼンに臨みました。その結果がこちら。USTREAMのアーカイブが編集され、私単独の動画になっています。

佐々木敦斗「どうにかするぞ~記録屋が語る復興~」

TEDxUTokyoを振り返って

077.jpg


 昨日5月20日、TEDxUTokyoでの登壇を無事終えました。

 前日から振り返ってみましょう。
前日は午後から早めに会場に入り、客席からリハーサルの様子を見守りながら、本番に向けてイメージを高めていました。18時から自分のリハーサルがあったのですが、スポットライトを当てられる中でプレゼンテーションをするのは本当に緊張。頭に入っていたはずの原稿を2度忘れかけ、課題を残すリハーサルになりました。夜帰ってから修正。何度も確認に確認を重ね、内容を頭に入れました。

そしていよいよ迎えた20日。朝は早めに7時に起床。家で2回通していざ、前掛けをつけて本郷へ。素晴らしいオブジェが出来あがっていました。
072.jpg

会場内に設置された赤門!
075.jpg


10時45分に開演し、私の出番(15時30分頃)まではゆっくりできます。他のスピーカーの方々のプレゼンテーションを一番前という特等席で聞きながら、本番に向け気持ちを高めていました。休憩時間には客席からステージを見て観客の目線を確認。ステージ上での立ち回り方など、かなり細かいところまで入念に準備を重ねました。

そして迎えた本番がこれ。「記録屋が語る復興」2時間50分~が私のプレゼンテーションです。前のスピーカーで防災教育の事を話された大木先生のスピーチも合わせてご覧下さい。私も改めて通して見たのですが、2人のプレゼンが響き合っています。
USTREAM

今回の目標は、「観客の心に訴えるプレゼン」でした。1つ1つの言葉を噛みしめながら、観客の心に響くようなプレゼンを心がけました。確かに原稿は頭に入っていましたが、棒読みをするのではなく、1つ1つの言葉を新たに紡いでいるかのように話しました。
 10分間が終わった時、会場から沸き上がったスタンディング・オベーション。皆さんに、気持ちは伝わったのだと思います。

 登壇の直前、自分に言い聞かせた1つの言葉。「色々な人がついているから。」

 被災地で復興に尽力される方々。懸命に生きる東北の方々。私に登壇するきっかけを与えてくださったTEDxTohokuの皆さん。私のプレゼンの裏で、3日間連続で新宿御苑で販売会を行ってくれたSAVE IWATE東京支部の皆さん。コンペティションを見てくださった方々、お祝いのメッセージを送って下さった皆さん。多くの方々の思いを、壇上に連れて行きました。
 そして、日々夜遅くまで準備に追われ、イベントを成功に導いたTEDxUTokyoのスタッフのみなさん。みなさんの頑張りを一番近くで見てきました。学生代表として、スタッフの皆さんの思いと一緒に壇上に上がりました。本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

088_20120521103002.jpg

 さて、今回のタイトルは「記録屋が語る復興」でした。

 私は「記録屋」なので、本番に至るプレゼンの構想、メモ、すべてファイルに記録しています!

092.jpg

4月23日。最初のプレゼンは本当に「プレゼン」と呼べないものでした・・・笑
でも1ヶ月間自分と向き合って、色々な方の助けを借りて、自分を成長させることが出来ました。

089.jpg


この記録もまた宝物です。

今週末はとしまNPO推進協議会の総会での活動報告。来月は高校の授業の講師を頼まれ、月末には企業さんの勉強会にもスピーカーとして呼ばれました。7月の終わりには故郷・岩手の中学生を前に講演予定。

これからもプレゼンの機会はたくさん舞い込んできそうです。TEDxUTokyoで学んだことを大切に、これからも多くの人の心に響くようなプレゼンをしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

今日からまた、新たなスタートです。

4月26日 

今回も久しぶりの更新となりました。佐々木です。

この10日間ほどは販売会はなかったのですが、ご縁があって様々な所から販売会の依頼が舞い込んで参りました!またホームページの方で報告をさせていただければと思います。

それから、昨日、「ちよだボランティアセンター」が発行する「千代田ボランティア情報マガジン」に掲載されました!記事は下のリンクから見ることが出来ます。
ちよだボランティア情報マガジン 5月号

3月30日にふらっとちよだボランティアセンターを訪れたら、すぐに依頼のメールが来ました!ありがたいですね!
復興ぞうきんや三陸の和ぐるみを販売している遠野まごころネットの東京事務所さんも千代田区にあるため、とても効果的なPRになったと思います。本当にありがとうございました。
3月30日の記事

そして今日は10時から豊島区地域区民ひろば課の課長さんとのミーティング。
区民ひろばは区内に22箇所ある地域コミュニティの拠点です。

この「区民ひろば」を使って販売会やセミナーなどができないか?というご相談でした。これまでも何度か連絡を取らせていただいていたのですが会うのは今回が初めて。課長さんは「ぜひ継続的な支援を行っていきたい」と心強いお言葉をかけてくださいました。その声に答えられるように取り組んで参ります。

002_20120426182417.jpg

今日のように、本当に豊島区の皆様にはお世話になる機会が多かったです。
来月プレゼンテーションをする機会があるので、改めてまとめてみたところ・・・。

ど~ん。
豊島区との連携(写真)

改めて振り返ると、本当に多くの方にお世話になっているなと実感します。SAVEIWATE東京支部の特徴は、「地域の方々と連携した復興支援」だと考えています。それが継続的な活動の原動力になっていることは間違いありません。これからも豊島区のみなさまと共に歩んで参ります。
プロフィール

一般社団法人SAVE IWATE東京支部

Author:一般社団法人SAVE IWATE東京支部
2011年10月に設立。復興応援グッズの販売会を中心に、東京から復興支援活動を行っている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。